債務整理ガイドブック

書籍のチラシ、スポーツ新聞、電信柱に張り付けられたビラや郵便広告などで「借金の整頓します」「多重債務をまとめたくありませんか」という売り言葉を読むことが多いです。

それらは、「片付け屋」「買取専門人」「紹介人」という俗称の悪徳業者のだまし広告のケースも存在します。

利用したケースでは破産申立手順の中で一番重要な免責許可を手に入れられなくなるリスクがあります。

「整理業者」の場合は広告などで多重負債者をおびきよせ、費用を請求して整頓を行うのですが負債整理は行われず、依頼者はより一層の負債地獄にはまってしまう場合が大方になります。

「買取人」の場合は、債務人のクレジットカードで家電、何らかのチケットを多量に購入させ、依頼者からそれらの品物を買った値段の1割~40%で買い上げるというやり口のようです。

債務者は一時は金が得られますがいつかクレジット会社経由の購入物の売値の返済請求が送られて来ることになり、実際のところ負債をアップさせることになってしまいます。

このときはカード会社に対する詐欺に当たるとされてしまい免責許可を受けられなくなります。

「紹介屋」では金融業者から貸してもらえなくなった負債者に、自分では貸出は全然せずに、提供を受けられる別の店を呼び出し、すさまじい手数料を請求する会社です。

つなぎ屋は高度なつなぎで資金提供が受けられたかにしゃべりますが、実際には何もせず、シンプルにルールのゆるいルートを伝えているだけというやり口です。

このケースも結局のところ債務額をアップさせる結末となります。
http://sashiosae.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/