貸主が変わった時の借金返済

書籍の折込チラシ、スポーツ新聞、電柱にある宣伝チラシや郵便広告で、「借金の整頓任せてください」「多重借金を統合したくないですか」というような広告を目にすることがしばしばです。

そのようなものは、「整理人」「買取人」「つなぎ業者」という名の悪徳会社のおとり広告のときがあるということなのです。

そのようなものを依頼した際には破産申立フローの中で最も重要な免責認可を受けられなくなる危険がありえます。

「整頓業者」ではビラなどで借金のある人を寄せ集め高額の依頼料を受けて債務整理をするのですが結局は借金整理はされず、当人は一層の負債スパイラルにはまるケースがほぼすべてと予想されます。

「買取業者」というのは債務人のクレジットカードで旅行の利用チケットをたくさん仕入れさせ債務者からその品々を買った値段の20%ー半値で買い直すというやり口が知られています。

短期にはキャッシュが手に入れられますが、いつかクレジット企業経由の商品価格の全額の返済請求がきて、債務額を増やすことになってしまいます。

クレジットカード業者に対する詐欺であるということになり免責をもらえなくなります。

「つなぎ業者」は、大企業のサラリーマン金融から借りられなくなった負債者に対して直接的な資金提供はしないでおいて、提供を可能である違う業者を教え、法外な経費を受け取る企業です。

つなぎ屋は高度な努力でお金を貸し出しできたかのように報告しますが、本当は何もしないで、選考の甘めのルートを教えているだけというやり口です。

この場合も本当は借金を増加させる結果に終わります。
借金を返したい